FC2ブログ

Glänta

まちの小さな集会所
0

終わりました。/くらし部No.22 「うつわを繕う~新うるしの金継ぎ~」

くらし部No.22 「うつわを繕う~新うるしの金継ぎ~」
第1回、第2回終わりました。


このような時世の中で、ギリギリまで開くかどうか悩み
終わった後も正解のない判断に不安を覚えることもあります

しかし、
作られた場所も作った人もちがう多種多様な器たち
共通することはそれを使い、慈しみ
遺していきたいと願う持ち主の心
持ち主の思いが吹き込まれた器たちはさらに美しいです

偶然できた欠けや割れ、ヒビを隠さずに
金や銀で飾って景色と呼び
新たな美しさや価値を見出すという日本の美意識は
こんな時代の人の在り方にも通じる気がします

この器のように
多くの人たちがこれまで味わってきている不安、悲しみ、痛み…などあらゆるものが
どうか、行く末はわたし達自身を形成する糧となりますように。


IMG_8913.jpg

IMG_8922.jpg

IMG_8924.jpg

IMG_8933.jpg

IMG_8943.jpg


スポンサーサイト



0

調合薬としての「チャイ」

IMG_7121.jpgIMG_7120.jpg


くらし部/金継ぎの会ではお茶の時間はガマンし
お菓子とチャイミックスをお土産にしようと思っています。

わたし自身、日頃は好みのスパイスをブレンドして豆乳や牛乳で煮だし
「嗜好品」として飲むことが多いのですが
元来は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダで使用され
病気を和らげるためにハーブやスパイスを入れた調合薬のようなもの。

今回ブレンドしたものは
少しでも免疫力を高めてもらいたい…という願いを込めてブレンドしてみました。

くらし部でお茶の時間がとれないことは悲しいのですが、これはこれで楽しい作業が増えました!
お土産のチャイはたっぷり2人分の量なので、ご自宅でご家族とゆっくり温まっていただけたらと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★参加者の方のためのチャイの淹れ方レシピ

通常チャイでベースとして使っているCTC製法のアッサムに、免疫力アップや自律神経にもよいといわれているインドの「トゥルシー」をベースに、抗炎症作用のあるジンジャーなどのスパイスを配合しています。

<レシピ>2杯分
チャイブレンド 全量
砂糖 小さじ1
牛乳 280ml ※豆乳でもおいしいです
水 160ml

①小鍋に水とチャイブレンドを入れ、フタをずらしてのせ、中火にかける。
②沸騰しはじめたら弱火にし、そのままフタをしたまま3分ほどじっくりと蒸らすように煮出す。
③フタをとり牛乳と砂糖を加え、鍋のふちがフツフツとしてきたら火からははずし、茶こしでカップに注ぐ。

※スパイスやハーブの成分をじっくりと煮出すのがポイント!










0

いま、思うこと。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。


と書きながらも、やはりもやもやとした気持ちは拭えぬ心境です。
2回目の緊急事態宣言が発令されようとしているからでしょうか。また昨年のような時間がやってくる不安からでしょうか。

でも、昨年の宣言時とは明らかに違う自分がいます。とまどいながらも冷静に受け止めようと思う自分、家族のこと、病院で働く友人のこと、ニュースや新聞で知る会ったことのない人たちのこと、いろいろな人のことを考えながら、「いま、どうしたらよいのか」をたくさん考えました。

わたしが営む「グレンタ」は、そのサブタイトルが示す通り「まちの小さな集会所」であってほしいという願いが込められています。うれしい時も、悲しい時も、なんでもないいつもの日常の時も、訪れたらなんとなく気分が落ち着き、本来の自分に戻れるような場でありたいと思っています。

いつもオープンしている場ではありません。規模も小さな小さなものです。だからこそ、こうした状況下であるからこそ、ただそこに在りつづけたい。

こんな思いもあり、1月のくらし部は開くことに決めました。もちろん、できうる限りのコロナ対策や参加してくださる方の気持ちを尊重して。

たくさんの人がいるのだから、いろいろな考えがあって当たり前だと思います。みな、悩みます。あっちへいったり、こっちへ行ったり…、しかし、どれが正解ということもないです。一番大切なことはその決断をくだすに当たって、身近な人、様々な環境下にいる人のことに思いを巡らせたかどうかということなような気がします。その上で、いま自分になにができるか?を尋ね、決めたことであれば、後は模索しながらも歩むのみです。

いま、思うことは、たまたま自分が人間として生まれ、その結果悩み考えることができるのであれば、思う存分にそれを生かしていきたいです。


グレンタ