FC2ブログ

Glänta

まちの小さな集会所
0

「ハーブの力が宿る、ローション&ミルクをつくる会」 2019夏


a0326649_19101742.jpeg



ハーブの精油+チンキでつくる「ハーブの力が宿る、ローション&ミルクの会」のご案内です。
*チンキや精油は、毎回お楽しみとして季節のものが加わるこもあります!
次回はローズチンキの予定です。


<使用チンキ>
ローズヒップ…美白・シミ
カモミール…保水
月桃…抗酸化作用
ローズマリー…アンチエイジング作用

季節のチンキ

<精油>
ラベンダー 
ローズゼラニウム など


~講師より~
ハーブは自分の身を守る術を持っています。
その力を人が少し借りて、暮らしの中に役立てるからこそ、その草花はハーブと呼ばれるのです。保湿・美白・抗菌・紫外線予防…ハーブの力をアルコールに映し取ったチンキと呼ばれるものをベースにlotionなどを作っていきます。

植物のそのままの色のlotionは、添加物もゼロ。安心してお肌に使えます。

キラキラきれいなハーブのlotion
そしてハーブとオイルの恵みのmilk


次回の予定はこちら↓

*********************************
「ハーブの力が宿る、ローション&ミルクをつくる会」 2019夏


日時:2019年7月17日(水) 10:30-12:00 
参加条件:今回より、はじめての方でも、30分ほど早くお越しいただき、講師によるレクチャーを受けていただければ、一緒におつくりいただけます。

参加費: 500円(お菓子&お茶付き)  
     ローション1300円、ミルク1300円、美容液1000円でほしいものを希望数つくれます。

*はじめての方でレクチャー受講される方は、参加費とは別に、2800円かかります(ローション&ミルク各1本、容器代込み。その他にもつくりたい場合は容器をご持参ください)。

定員:6名(先着順)
持ち物:レクチャーあり講座で使用したレシピ、筆記用具、保存容器(保存容器はご自身で使い勝手がよいものをご持参ください。こちらでは用意しておりませんのでご注意ください。


内容: 「つくる会」では、講師によるレクチャーはありません。材料と器具を準備しておきますので、すべてご自身でつくっていただく会となります。お好きなものを、お好きな数だけ…おつくりください。その後、片づけをし、終了となります。お菓子とお茶がつきますので、お時間がある方はそのままお茶タイムとなります(テイクアウト可)。
*はじめての方は、先生によるレクチャーとレシピがつきます。



お申し込み:氏名、つくりたいもの(その個数)を明記の上、お申し込みください。
申し込み先:glantaaoba@gmail.com

スポンサーサイト
0

グレンタ/くらし部No.18 「梅干しをつくる会2019」



IMG_7687.jpg

IMG_5802.jpg



今年も梅干しづくりやります。
より扱いやすく、よりカビが生えないように工夫したレシピです。昨年同様に、下漬け(塩漬け)と赤紫蘇づけの全2回で行う予定です。赤紫蘇づけにはしないよ、という方は第1回のみでの参加も可能です。


※グレンタ「くらし部」についての詳細をお読みになってからご検討ください。
 http://glanta.blog.fc2.com/blog-category-11.html

*****************************************

グレンタ/くらし部No.18「梅干しをつくる会2019」

<第1回>下漬けの会
梅は、横浜産の梅を使用し、容器で下漬け(塩漬け)を行います。塩漬けした梅2kgのお持ち帰りです。おにぎりランチ付き。

■場所: グレンタ
■日時: 2019年6月18日(火) 10:30 ~ 13:00
■定員: 6名
■受講費: 2,000円(おにぎりランチ付き)+梅2kg分(時価、2000円前後の予定)
■申込み締め切り: 2019年6月14日(金)
※尚、材料が事前手配によるため、お申し込み締め切り後のやむを得ないキャンセルの場合は、材料費+参加費の50%(1000円)をお支払いいただきますこと、ご了承ください。レシピを見ながら、ご自宅でお作りいただきます。
■持ちもの:保存容器(6リットルサイズ)、中ぶた(容器の直径より少し小さいサイズ)、梅干しをふくための布巾(2枚)、エプロン、手ふきタオル、筆記用具

*保存容器は酸や塩分に強いもの、傷などのないものならOKです。事前に洗って清潔にしてきてください。漬ける直前に焼酎で消毒します。以下の保存容器は、野田ホウロウのものです。2kgの梅干し漬けには21cmのサイズが適しています。
https://item.rakuten.co.jp/yasubee/1438795/?l2-id=pdt_shoplist_title#10000344

*中ぶたは、容器の直径より少し小さいサイズ。市販のプラスチック製の漬物用がサイズ豊富でよいです。もしくは、平皿でもOK。


<第2回>赤紫蘇漬けの会 *希望者のみ
赤紫蘇漬けの工程を行います。塩漬けして発色させた赤紫蘇をお持ち帰りいただき、ご自宅で保管している下漬け中の容器に加えていただきます。赤紫蘇シロップもデモでつくりますので、少量ですがお持ち帰りください(空のペットボトルご持参ください)。
*例年、良い赤紫蘇の確保に苦労しているため、今年はお取り寄せをしたいと思います。そのため、材料費が高くなっておりますので、ご了承ください(紫蘇は昨年より贅沢に使用予定です)。



■場所: グレンタ
■日時: 2019年6月28日(金) 10:30 ~ 13:00
■定員: 6名
■受講費: 3,500円(材料費、お茶菓子付き)
■持ちもの:エプロン、赤紫蘇をふくための布巾(2枚)、赤紫蘇シロップを入れる用の空のペットボトル(500ml)、手ふきタオル、筆記用具



以上、各回ともにお申込みはメールでお願いします。
件名に「くらし部no.18 参加希望」として、以下をご記入の上お申し込みください。
・2回目のご参加の有無
・お名前
・当日連絡のつくお電話番号
・メールアドレス

メール宛先
glantaaoba@gmail.com

0

グレンタ/くらし部No.17 「らっきょうを漬けよう会 2019」+ごはん会


IMG_7615.jpg
鮮度抜群の泥付きらっきょう

33838571_886193554902270_6451803608949194752_n.jpg
こんな感じに漬けます



ようやく春がきたと思ったら、あっという間にGWとなり、気がついたら梅雨に入りそうなほど毎日が早く過ぎていきます。

5月に入れば、うめ仕事の季節も到来! その前に、今年も「らっきょう」をみなさんと漬けたいと思います。昨年同様に、鹿児島から有機栽培のらっきょうをお取り寄せして、漬けようと思います。鮮度が命のらっきょう。土のなかで育つものだから、より材料にこだわって作りたいですね。

保存食全般にいえることですが、らっきょうもやはり下準備に手間がかかります。その作業をみなさんと行い、基本の塩漬けまでしてお持ち帰りいただきます。ご自宅で塩漬け後の作業や、お好みでハーブ漬けにしたりとバリエーションのレシピを記した資料もお渡します。らっきょうのなんともいえない香りに包まれながら……、ひと粒ひと粒ていねいに下ごしらえをしていきます。

そして、らっきょう漬けが終わったら、みなさんで「ふだん着なごはん会」をします。
グレンタでは、ごはん、汁物、そして一品をご用意いたします。みなさんにもふだんお家で食べている一品をもってきていただけたらなと思います。過去の「ふだん着なごはん会」の様子はこちら

らっきょうを漬けよう+ごはん会、お待ちしています。


*グレンタ「くらし部」についての詳細、こちらをお読みになってからご検討ください。


********************************
グレンタ/くらし部No.17「らっきょうを漬けよう会 2019」+ごはん会

■場所: グレンタ
■日時: 2019年5月29日(水) 10:30 ~ 13:30
■定員: 6名
■受講費: 2,000円(ごはん会代含)+有機栽培らっきょう1kg材料費(1000円前後の予定+送料をみなさんと割ります)
■持ちもの:我が家の1品(そのまま出せる容器だとありがたいです)、保存容器(2リットルサイズ、熱湯消毒してきてください)、エプロン、手拭きタオル、筆記用具、

*保存容器は酸や塩分に強いものならOKです。事前に熱湯消毒をしてきてください。漬ける直前にアルコール消毒はします。

以下の保存容器は、いつもお勧めしているセラーメイトです。一度らっきょうを漬けると匂いがとれないので、らっきょう専用にすることをお勧めします!
https://item.rakuten.co.jp/hakp/0410-4974452220308/?s-id=pdt_overview_spage&l2-id=pdt_overview_spage#10008165



お申込みはメールでお願いします。
件名に「くらし部no.17 参加希望」として、以下をご記入の上お申し込みください。
・お名前
・当日連絡のつくお電話番号
・メールアドレス

メール宛先
glantaaoba@gmail.com