Glänta

まちの小さな集会所
0

いちごジャム+ローズリキュール

今年もいちごの季節がやってきた。
子どもが大好きないちごジャム、1年を通して食べるため、この時期にたっぷりと作っておきます。

ジャムには小粒のいちご。甘味がぎゅっと詰まっていて、いちごの季節になると、小粒いちごの登場を心待ちにしています。そして、今日ようやく真っ赤で小粒ないちごを発見! 早速、ジャムにしました。



IMG_5107.jpg
毎年、いちごの写真を載せていますが……、今年もやっぱりかわいい。


IMG_5118.jpg
ひと粒の「いちご」


IMG_5120.jpg
銅鍋で煮ます。
強火であっという間に。



IMG_5123.jpg
できあがり~。




今年、はじめのいちごジャムは、+ローズリキュールで作りました。
青葉台のエスポアしんかわさんで購入したこちらのリキュール「マリエンホーフ・ローズリキュール」。
無香料・無着色で、天然のローズのみで造られたとっても貴重なリキュール。

詳しくはこちら


これを仕上げに少し加えました。
本来は炭酸水やスパークリングワインなどで割ったり、ストレートで少しずつ楽しむもの。
いつかグレンタでお酒を飲む機会があったら、ぜひとも皆さんにも味わっていただきたいなぁ。


あともう1回くらい、いちごジャムは仕込む予定です。
今回はほんの少しだけ販売します。

よろしかったらどうぞ~。

600円/120g瓶 ←少し容量が大きくなりました。




スポンサーサイト
0

国産ネーブルのジャム、つくりました。


IMG_4729_20170124215603410.jpg
ぷかぷかと泳ぐ、ネーブル


IMG_4731.jpg
少しですが、ジャムにしました



年が明けると、あっという間に国産のネーブルが出回る季節に。
うっかりしていると、置いてきぼりにされそうなので、慌ててジャムにしました。
甘味も香りもぎゅっと濃いネーブル。ジャムにぴったりな素材です。
Gläntaでチャイに使っている自家製スパイスをほんのり効かせて…・・・・

500円/個 
お取り置きもできます。


0

ゆずジャム、そして、いろいろ。

ここ数年は、毎年、ゆずジャムをつくっています。
人にいただいたり、また、自宅の庭で採れたゆずを使ったジャムづくり。しかし、今年はなぜか庭のゆずが一つも実らず(!)、どうしたものかと悩んでいました。


そんな中、見つけたものがこちらの「小松商店」さんのゆず。このページのなんだか不思議な写真に惹かれ(笑)、はじめて注文をしてみました。



IMG_4404.jpg
箱を開けたら、これまた不思議な世界。段ボールを開けると、一気にゆずの香りが広がります


B品とは思えないくらい立派なゆずもあり、立派なトゲつき枝のゆずもあったり、おまけの無農薬みかんもたくさん入っていたりと、宝箱状態。完全無農薬で、40年も前からおじいちゃんが育てていたゆずらしい。



IMG_4406.jpg
ゆずの他にも、「ゆずこしょう」を注文。これまた色鮮やかで、いまから食べるのが楽しみ!
こちらのお店では手絞りゆず100%果汁も人気があるようです



IMG_4419.jpg
今年の「ゆずジャム」。今年は、去年の教訓をいかして、皮は粗みじん切りにして食感を残したものにしました。その代わり、苦みがはっきりと分かります。果汁を加えてからは、あまり火は通さず、ゆずの香りを大切に……。



IMG_4416.jpg
今年は、ゆずジャム以外にも「ゆずシロップ」を仕込み、種は日本酒で化粧水に~




先日、告知した「ひみつのお茶会」への参加者のみなさんには、お土産としてお渡ししたいと思います。また、そうでない方にもぜひ味わっていただきたいゆずジャムです(500円/個でお分けしています)。

お世話になった方への贈り物の季節、ジャム1個でも贈り物用としてラッピングいたします。
どうぞご利用ください。






0

干し柿づくり

渋柿をいただきました。
はじめての「干し柿」づくり。
何事も”はじめて”はうまくできるかどうかドキドキだけど、未知の世界はやっぱり楽しい。
どんな風に出来上がるのか、楽しみです。


IMG_4191.jpg
あるだけで、かわいい。皮を剥いて、熱湯で数秒くぐらせてから、紐の両端に柿を結ぶ


IMG_4203.jpg
ゆらゆらと揺れる風景



それにしても、この干し柿づくりも、梅干しづくりも、ベーコンづくりも……いろいろな場面ででてくる「風通しのよい、雨の当たらない場所」。いわゆる”軒下”がほぼない家だと、一体どこにこれらを置いておけばよいのかいつも頭を悩ませます。

0

とっても濃厚な「山ぶどう」ジャム、つくりました。

昨年、知人を介してこちらのなんば農園さんの山ぶどうに出会い、そしてジャムをつくりましたが、その濃厚で野生味溢れる味わいにすっかり虜になりました。今年は昨年よりも多く、3kg注文! ジャムたくさんつくりました。




IMG_4005.jpg
テーブル一面に広げた山ぶどう。その中に佇む”ブタパンダ”ちゃん
(Gläntaのどこかにいる、愛嬌のある私のお気に入りのお人形)


IMG_4007.jpg
房からひと粒ひと粒とっていきます。去年より、しっかりとした大粒
ふどうひと粒さわってみても、皮がしっかりとした力強さを感じます


IMG_4008.jpg
銅鍋で煮た後に、途中で皮と種をこしていきます。
昨年もこの作業にてこずりましたが、今年は少しコツを覚えました
それにしても、ものすごい種の量!


IMG_4022.jpg
できあがり! 凝縮した濃厚なぶどうの風味と、きれいな色のぶどうジャム



最近では、品種改良された甘い山ぶどうも多く存在するそうですが、こちらの農園さんでは昔ながらの酸味のある山ぶどうにこだわりをもって栽培されているとのこと。そのため、この山ぶどうはそのまま食べるにはちょっと酸っぱいです。しかし、ジャムやジュースにすると・・・・・・・、その酸味がとても生きてきます。私がジャム作りをするときに、いちばんこだわっているのがこの酸味で、個人的な好みもありますが”酸味”のはっきりとしたジャムが好きです。

ひと粒ひと粒の皮も厚く、だからこそ栄養もぎゅぎゅっと詰まっているようなイメージがあります。実際、山ぶどうは普通のぶどうに比べたらポリフェノールも鉄分も数倍多く含まれているとか。納得です。


さて、去年ははじめてのチャレンジのため、固さ調整があまりうまくいきませんでしたが、今年はいい感じです。パンやアイスにたら~り、あとはやはり豚肉などのソテーにたらりとかけて食べてもきっと美味しい。

ジャムの中で好きなものは? と聞かれたら、間違いなく「山ぶどう」がトップにくるくらい好き。本当は、全部ひとり占めしたいくらいです(笑)。でも、ご希望の方には、ご連絡いただければお分けしています。お取り置きもできますので、お知らせください。

600円/個



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

おまけ。


IMG_4016.jpg
今年も、少し山ぶどう酵母を起こしてます


IMG_4014.jpg
種を漉す時に使用したガーゼ。見事に、きれいな紫色に! うれしい副産物




このカテゴリーに該当する記事はありません。