Glänta

まちの小さな集会所
0

レモンのお酒、リモンチェッロ。

イタリアでは各家庭でつくられることも多いといわれているレモンのお酒「リモンチェッロ」。レモンの果皮の香りと、冷凍庫でキンキンに冷やされたトロンとしたお酒をちびちび飲むのがたまりません。イタリアを旅行した際に、レストランに入れば必ずといっていいほど注文するくらい大好きなアルコールの強~いお酒。日本でもイタリアレストランにいくと、ときどき見かけますが、何しろ強~いので、できれば家でゆっくりと飲みたい。

ということで、今年ははじめてリモンチェッロづくりにチャレンジ。


IMG_5352.jpg
皮を削って使うため、国産の低農薬レモン


IMG_5369.jpg
アルコール度数96度!のポーランドのお酒「SPIRYTUS」に、レモンの皮を1週間ほど漬けます。
レモンの果皮からたっぷりと香りと成分を抽出したら、
シロップを加えてできあがり。


IMG_5503.jpg
これが「SPIRYTUS」。


IMG_5391.jpg
少しだけですが、友人にお裾分け~





シロップを加えた状態で、さらに1ヶ月ほど寝かせたら、飲めます。シロップを加えることで、できあがりは大体30度ほどのアルコール度数。それでも高い! 保存は菌が繁殖しないためにも、冷凍庫での保存がおすすめ。キンキンに冷えたリモンチェッロを、食後に少しずつ飲むのが至福の時間。夏にぴったりなお酒。










スポンサーサイト
0

グレンタ/くらし部no.7「梅シロップ&柑橘ビネガーシロップをつくる会」


IMG_3037.jpg
昨年の梅シロップづくり

IMG_5056.jpg
柑橘ビネガーシロップ



今年もやってきました。梅の季節。
これからしばらくの間は、手をたくさん動かしておいしい保存食を仕込む時間です。

今年は、「らっきょうを漬けよう会」を開こうかと思っていましたが、もう少し勉強をしてからチャレンジしたいので、来年までゆっくりととっておくことにしました(来年までお楽しみに……)。その代わりに、今回は我が家でずっとつくり続けている「梅シロップ」をみなさんで仕込もうと思います。梅はもちろん、横浜産。せっかく仕込むのであれば……ということで、「柑橘ビネガーシロップ」も仕込みます!こちらは、前回のスモークの会でお出ししたものになります。みなさんにおいしい、おいしいと言われたのでお披露目です。柑橘はその時に応じて、旬の柑橘でつくろうと思っています。仕込みの季節到来。見ているだけで、爽やかになれる青梅をみなさんでふきふきしましょう。


くらし部no.7 「梅シロップ&柑橘ビネガーをつくる会」

日時
2017年6月5日(月) 10:30~13:00 満席
2017年6月7日(水)10:30~13:00  満席
  *キャンセルも待ち受付ております。

参加費: 4500円(材料費、ランチ込み)
定員: 6名


<その他>   
・梅1kg分の梅シロップと柑橘500g分のビネガーシロップのお持ち帰り
・ランチつき(カレー、サラダ、飲み物つき)


<持ち物>
・エプロン、手拭き用タオル
・シロップを漬けるための容器(4リットル、2リットル 各1個ずつ。よく洗い熱湯消毒したものをお持ちください)
 →容器がない方は、こちらでご用意することも可能です(実費精算)。その際はお知らせください。
  http://item.rakuten.co.jp/manmaru/10034915/ (参考サイト)




<お申し込み>
以下、必要事項をご記入の上、メール(glantaaoba☆gmail.com ☆を@に代えて送ってください)にてお申し込みください。キャンセル待ちもお受けしております。
必要事項:「件名:くらし部no.7参加申し込み希望」、氏名、はじめての方は、住所、メールアドレス、当日ご連絡がつく電話番号
 

<<キャンセルポリシー>>

お席の確保・材料などの準備の都合上、開催1週間前からキャンセル料が発生いたします。キャンセルの際、次の方の調整ができなかった場合には参加費の50%、当日キャンセルの場合は参加費の全額をお支払いただくことになりますこと、ご了承ください。代理の方をたてていただくなど、できる限りのご協力をお願いいたします。



*****************************

昨年、梅干しづくりを開催しました。
今年もやろうか検討中です。もし、やりたい!という方いたら、メッセージください♪

該当の記事は見つかりませんでした。