FC2ブログ

Glänta

まちの小さな集会所
0

終わりました。 くらし部No.12「らっきょうを漬けよう会」+ごはん会

くらし部No.12「らっきょうを漬けよう会」+ごはん会、終了しました。
はじめてのらっきょうを漬ける会であり、いちばん悩んだのはらっきょうの仕入れ日でした。らっきょうは生命力がとても強いので、1日置いただけであっという間に芽がでてきます。できるだけ新鮮なうちに、いかに早く漬ける作業を行えるかがおいしさの最大のポイント。

しかも、らっきょうが出回る旬はとても短い。
くらし部に開催する日に合わせて、新鮮ならっきょうを確実に手に入れなければならない。
逆にいうと、今年、らっきょうが出回る時期に合わせてくらし部を設定しました。



IMG_7615.jpg
やっと見つけた鹿児島産無農薬のらっきょう
大小さまざまなぷっくりらっきょう



こうした旬の仕込みもの(?)は、材料でおいしさが異なってくると思っているので、材料がそろえばあとはコツコツと作業を進めるのみです。



33850518_886193594902266_706267239652786176_n.jpg
泥を落として、ひと粒ずつ丁寧に薄皮と芽&根をカットする
コツコツ、コツコツと……


33838571_886193554902270_6451803608949194752_n.jpg
下準備ができれば、あとは簡単
1kgの塩らっきょうが出来上がり!



当日行うのは、らっきょうの塩漬けのみ。あとは自宅で寝かしてもらい、10日間ほどたってから食べたり又は好みの味に漬けなおしていただき保存してもらいます。みなさんの家で、笑顔が広がりますように。



33764407_886193631568929_7132790679687659520_n.jpg
終了後は、持ち寄りごはんを囲んでの「ごはん会」
しそベーコンエピ、ピクルス、切り干し大根のごま和えサラダ、鶏肉と新じゃがのオーブン焼き(らっきょうタルタルソース添え)



らっきょうを仕込んだ後に、同じテーブルでの「ごはん会」。
ほっとするひと時です。


スポンサーサイト
0

グレンタ/くらし部No.13 「梅干しをつくる会2018」


IMG_5802.jpg



今年も梅干しづくりやります。
基本的なレシピはほぼ昨年と同様ですが、より扱いやすく、よりカビが生えないようにと少しだけバージョンアップしています(笑)。今年の梅干しづくりのくらし部は、下漬け(塩漬け)と赤紫蘇づけの全2回で行う予定です。赤紫蘇づけにはしないよ、という方は第1回のみでの参加も可能です。


※グレンタ「くらし部」についての詳細をお読みになってからご検討ください。
 http://glanta.blog.fc2.com/blog-category-11.html

*****************************************
グレンタ/くらし部No.13「梅干しをつくる会2018」

<第1回>下漬けの会
梅は、横浜産の梅を使用し、容器で下漬け(塩漬け)を行います(昨年はジプロックを使用しましたが今年は容器で漬けます)。塩漬けした梅2kgのお持ち帰りです。おにぎりランチ付き。

■場所: グレンタ
■日時: 2018年6月19日(火) 10:30 ~ 13:00
■定員: 6名
■受講費: 2,000円(おにぎりランチ付き)+梅2kg分(時価、2000円前後の予定)
■申込み締め切り: 2018年6月15日(金)
※尚、材料が事前手配によるため、お申し込み締め切り後のやむを得ないキャンセルの場合は、材料費+参加費の50%(1000円)をお支払いいただきますこと、ご了承ください。レシピを見ながら、ご自宅でお作りいただきます。
■持ちもの:保存容器(6リットルサイズ)、中ぶた(容器の直径より少し小さいサイズ)、梅干しをふくための布巾(2枚)、エプロン、手ふきタオル、筆記用具

*保存容器は酸や塩分に強いもの、傷などのないものならOKです。事前に洗って清潔にしてきてください。漬ける直前に焼酎で消毒します。以下の保存容器は、野田ホウロウのものです。2kgの梅干し漬けには21cmのサイズが適しています。
https://item.rakuten.co.jp/yasubee/1438795/?l2-id=pdt_shoplist_title#10000344

*中ぶたは、容器の直径より少し小さいサイズ。市販のプラスチック製の漬物用がサイズ豊富でよいです。もしくは、平皿でもOK。


<第2回>赤紫蘇漬けの会
赤紫蘇漬けの工程を行います。塩漬けして発色させた赤紫蘇をお持ち帰りいただき、ご自宅で保管している下漬け中の容器に加えていただきます。赤紫蘇シロップもデモでつくりますので、お持ち帰りください。

そして、紫蘇漬け終了後は、みなさんで「ふだん着なごはん会」をします。
グレンタでは、ごはん、汁物、そして一品をご用意いたします。みなさんにもふだんお家で食べている一品をもってきていただければと思います。過去の「ふだん着なごはん会」の様子はこちら

■場所: グレンタ
■日時: 2018年6月29日(金) 10:30 ~ 13:00
■定員: 6名
■受講費: 2,000円(材料費、ごはん会代込み)
■持ちもの:我が家の1品(そのまま出せる容器だとありがたいです)、エプロン、手ふきタオル、筆記用具



以上、各回ともにお申込みはメールでお願いします。
件名に「くらし部no.13 参加希望」として、以下をご記入の上お申し込みください。
・2回目のご参加の有無
・お名前
・当日連絡のつくお電話番号
・メールアドレス

メール宛先
glantaaoba@gmail.com

0

青梅のジャム

今年は早々に、梅のもぎとりに出かけました。
なぜかというと、昨年大量に仕込んだ梅シロップがなくなってしまったから……。
子どもが大きくなるにつれ、梅ジュースの消費量がすごい。

家族総出でもぎとりに行き、今年はどのくらい漬けるかあーだこーだいいながらもぎとります。
とるのはもちろん、楽しいです。
でも、下準備をひとりでするのはとても大変。
なので、今年からは強制的に(!)家族全員で下準備にも参加させました。



32950800_881348432053449_9076493677274071040_n.jpg
ぷっくりぴかぴかな青梅
思わず食べたくなるくらい、だけどがまん!


IMG_7601.jpg
アク抜き中~



青梅5kgをその日のうちにアク抜きし、梅シロップを仕込みました。
ヘタとり&穴あけに次女が思いのほか力をは発揮してくれました。
お姉ちゃんは丁寧すぎて、遅い。
夫は自分が梅嫌いでいまいち興味ないからか、遅い。
私はいろいろと準備しながらおこなっていたので、遅い。
なので、次女さん、ありがとう。



IMG_7603.jpg
残り2kg近くを青梅ジャムに
アク抜きがポイント


IMG_7606.jpg
酸っぱくてさわやかな青梅ジャムの完成!



完熟した梅でつくるジャムもありますが、わたしはやはりこの青い梅のジャムが大好きです。
梅シロップをぎゅぎゅっと凝縮させたような風味。
スプーン1杯ほおばれば、1日元気になりそうな味。

数量限定、グレンタでも販売します。
550円/個


今回は販売日をもうけます。
5/26(土) 9:00-12:00
5/29(火) 10:00-17:00

この日以外でも事前にご連絡いただければ販売いたします。
ご予約もお受けしますので、確実にほしい方はご予約ください。
glantaaoba@gmail.com

該当の記事は見つかりませんでした。